2018年12月15日土曜日

尾崎豊のもうお前しか見えないの鼻歌。


コーヒーの温度は偉大なるマインドフルネス。


エーデルワイスの鼻歌。


1日1回は夕暮れ時にしみじみしたい。どこでも上を向いて歩こう的なアングルで。カフェではライブの時間が近づいて人々は退店の準備を始めた。大阪秘密基地。女たちは新しく生まれる命を愛でて笑顔で話していた。


via IFTTT

アジャイル開発リーダーはもう2年半も同じメンバーと仕事をしてるし、うたた寝の夢の中にもチームメンバーの言葉が出てくることに今気付いた。時間の流れを思うとしみじみと切なくて暖かさも感じる夕方のBAR。


via IFTTT

バズりたい?アクセス数が欲しい?再生回数が稼げない。FacebookとTwitterのいいねがつかない。自己承認欲求。だいたい夕方で疲れてるせい。注目されたい?ヒカキンになりたい?注目されたい?ああ。


via IFTTT

大阪noonカフェにはライブのフライヤーがたくさん。シャケを抱えたプロレスラー。ギターウルフとか。でもこのカフェでやるわけじゃないっぽい?と話していたら後ろで人の話し声が。noonカフェの面白さ。


via IFTTT